生活

ユーザー車検は子連れでいけるのか?2020年 主婦でもできるユーザー車検

4ヵ月の赤ちゃんを連れユーザー車検に行ってきました!

ユーザー車検は子連れでいっても大丈夫?

結論からいくと
子連れでのユーザー車検は全然問題ありません!!!
むしろ子連れだったのでたくさんの方に親切にしていただいて
ほっこりしました(*´з`)

手続きの流れ

簡単に手続きの流れを紹介します

まずはこちらの軽自動車ユーザー車検にアクセス

軽自動車検査予約システム

新規登録を完了後、車検証を準備して
予約に進みます。

予約が完了後、ご自身の住まい近くの車検場に
車を持って行って検査をしたら完了です。

とっても簡単ですよね!?

ここからがかなり大切に
なってきますので最後まで
お付き合いください!

かかった費用

はこんな感じです。

  • 検査法廷手数料    ¥1400
  • 重量税        ¥6600
  • 自賠責費用(2年間)  ¥25000

合計33000円でした。
実際の検査手数料自体は1400円なので
車検って頼むと高いな。。
自分でいってみようかなーと考えている方は
ぜひおすすめです(^^♪

検査会場にはおむつ交換台あります!!


子ども用の椅子もトイレに設置されてたので
赤ちゃんいても大丈夫なんだなーと安心しました!

授乳室や調乳室はないので
赤ちゃんのいる方は
車の中で授乳かお湯などをもってきたほうがいいと思います!

車検に出す書類の書き方などはわからなくても
事務の方たちがとても丁寧に教えてくれるので大丈夫ですよ。

車の検査場ももちろん赤ちゃん同乗で
大丈夫でした。
(しっかりチャイルドシートに乗せました)

検査本番、

自分で運転しながら検査場へと
入っていきます。

検査が不安な方は検査場を見学してから
入ることもできます。

検査員の方たちもとてもやさしく
途中4ヵ月の娘ちゃん泣いてしまったのですが、、

”大丈夫だよ~すぐ終わるからね~”
と優しく声をかけてもらい途中から上機嫌な娘でした(*’ω’*)

無事全て完了しました。
かかった時間は2時間弱です。
これでまた2年、車が乗れるようになりました!

基本的に車検は2年おきにしか
行かないのでやり方を忘れてしまうこともありますが
そのたびに優しい検査会場の方々にほっこりしました。

今回私は赤ちゃんを連れてでしたが
もう少し大きい子だと
検査中も結構楽しめるんじゃないかな
と思いました

(車に乗ったまま高いところに上がったりするので)

デメリットは
自分で運転してもっていかないと
いけないので運転が苦手な方は委託されても
よいかと思います!
車検に通すための
定期検査は別になるので必要な方は
事前に受けてくる必要があるので忘れずに!

まとめ
軽自動車のユーザー車検は子連れでいける
検査費用はめちゃ安い
自分で会場に持って行かないといけない
定期点検は別で受けておかないともしかしたら落ちることもありうる。

でした!

子連れで行くのを悩まれてる方はなんの問題なく行けますので
ぜひご自身で車検行ってみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です